約、一週間にわたった『お江戸のたこやき』本日、お陰さまを持ちまして無事に千秋楽を迎える事が出来ました。

御来場、まことにありがとうございました❗

今回の公演を、裏話も交えながら振り返ってみたいと思います。


※写真は横田敦士さん撮影、個人撮影混ざっております❗


【前説】

女優さん二人の前説。ネタになっているのですが。実はこれ、女優さんたちが自分達で考えておりました。芸人達も今回の舞台で成長したい!と思っていましたが、もしかしたら一番面白くなったのは女優さん達ではないでしょうか?


【オープニングダンス】

衣装はプロの衣装さんである、竹内陽子さんに作っていただき、レコーディング編集、音響、照明も劇団のプロの皆さんに合わせてもらい贅沢なオープニングでした。

最後のリフレイン部分は、公演中に変わったりしていたので、本当に振り回されて、本当に息があがっており。。。後が大変でした(笑)

『恥ずかしさ』も少しありましたが、始まってみると、お客さんは皆、女優さんを見てるし、みずほさんとぴんくさんが物凄く目をひいていたので、全然問題なく終わりました(笑)


【着替え】

ただ、ただ『着替えるだけ』という時間。大丈夫なの?着替えてるだけですよ?という時間。

一度だけプライベートパンツが見えてしまったという恥ずかしさ。

余裕で裸になりたがるきょうた。

優しいお客様が、 ハンカチを貸してくれました。


【ネタのコーナー】

日替わりでやらせていただきました。演劇祭でやる新鮮さ、ネタによっての反応の違いなど、勉強させていただきました。

みずほさんの人間力、そして街裏ぴんくの漫談の力をハッキリと見せつけられました。。。

【企画のコーナー】

昔、笑友ライブの時にちゃちゃ丸さんに教えてもらったコーナー❗

お客様と一緒にやらせていただきました。

ほぼ毎回、小さい奇跡が起こりまして。一体感を感じながら、楽しい時間でした❗


【劇】

そして、今回のメイン。

以前、笑劇場で書いていた家族の話を配役と発注を受けて書き換えました。

書いた側のファインプレーとしては。実は、ほぼほぼ書き上がったあとで、『ランドセルのシーンを入れて下さい』というスポンサーさんからの発注をなんとかクリアした所です(笑)

ノリシロも演出、アドリブでどんどん埋まっていき『また見に来ました❗』と言ってくださるリピーター様も来てくださったのかと思います。


はじめて、演出家の谷宗和さん、プロの照明さん、音響さん、皆さんに教えて頂き、沢山学ばせて頂きました。

あたたかいお客様のお陰さまを持ちまして、6日間の公演が無事に終わりました。


ご来場、まことにありがとうございました❗



お客様がかいて下さった絵
スポンサーサイト
Secret