2011.09.05 ガードマン。
本日もご来場頂きまして、ありがとうございました


ここ数年、ずっと気になってる人がいます。


ガードマンです。


このガードマン、どこからどうみても何処にでもいる普通のガードマンです。


そんな彼が立っているのは、ある地下鉄の駅の改札口を出て10メートルくらい先なのですが。


『いや、いや、ガードマンが立ってるなんて普通の事でしょ…』


と思われるかもしれません。

でも、そこには“まもるもの”が明らかに何もないんです。


治安維持にしても、利用者が多い訳でも、めちゃめちゃ人通りが少ない訳でもないし物騒な場所でもない。


重要な機械が置いてある訳でもない。


彼は一体、何を守っているのだろう?


ここ数年、ずっと気になっています。


その人が何をまもっているかは、なかなか他人にはわからないようです。
スポンサーサイト
Secret