2013.05.24 役割。
『おせつってホルモン嫌いじゃなかったっけ??』

と大阪の友達に言われた。


違う!ホルモンは好きだ!


ただ、たまに噛みきれない、呑み込めないホルモンがどうしても許せない。

彼等の中には味が無くなっても尚、口の中に居座る奴がいる。

奴は口の中を占拠し、他の食べ物の侵入を決して許さない。

僕は昔から奴等が許せない。

食べ物なのに噛みきれない、呑み込めないって…食べ物としてどうなんやろう!?

その点、プリンなんて可愛い。

食べ物にも関わらず、噛む前に飲まれてしまう程だ。

なんて従順なプリン。

ひねくれ者の噛みきれないホルモン。


先日、ブランコで酔った。


ブランコとはお酒の種類ではなく、公園に置いてあるあのブランコです。

そう、純粋に【乗り物よい】というやつです。

どちらかというと乗り物は苦手かもしれないけれど、それにしても座ってただけのブランコで気持ち悪くなるなんて…。


なんかメッチャカッコ悪い。


乗り物の中でもブランコって相当優しい部類の物ではないだろうか??

というか、そもそも【ブランコ】は【乗り物】というカテゴリーにすら入らないのではないか…。

このままではそのうち、エレベーター、エスカレーターで酔う日も近い。


デパートで
『ごめん、ちょっとエスカレーターで気持ち悪くなったから、先に行ってて。』

とか、

エレベータで
『すいません、吐きそうなので次の階で止めて下さい』

とかいう状況に陥り。

…このままでは貧乏ゆすりで吐く日も近い。

なんとかせねば。

そこで、乗り物酔いをなんとかすべく調べた所。


乗り物酔いは三半規管が関係してるので、何かを食べて顎を動かしていれば酔いにくい。

との事だった。

特に理想的なのがサキイカだそうだ。

(ある程度の弾力が続くので、顎をしっかり、継続的に動かせるから)

なるほど。

サキイカで解決できるのか…。


乗り物に乗る

サキイカを食べる

お酒が欲しくなる

乗り物が揺れてるから酒がまわる

酔う

アカンがな!!

サキイカアカンがな!!


代案でゴムを噛むとかどうだろう??

乗り物に乗る

ゴムを噛む

吐く

アカンがな!

ゴムの臭いと質感で吐く。


……もしかして。


乗り物に乗る

噛みきれないホルモンを噛む

口の中を占拠

動き続ける顎

酔わない!!!


そう、子供の頃から許せなかった噛みきれないホルモンは、僕を乗り物酔いから救おうとしていたのだ。

誤解していてすまない、噛みきれないホルモン。

全ての物には役割があるんだね。

ありがとう噛みきれないホルモン。
スポンサーサイト
Secret