織田信長 「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」
oda.png

豊臣秀吉  「鳴かぬなら鳴かしてみせようホトトギス」
toyotomi.png

徳川家康  「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」
ieyasu.png


言わずと知れた戦国武将3人の性格や天下統一にどのように関わったのかを表現した有名な歌。

お笑い戦国時代と言われるこの時代、浅草笑劇場も乗り切らねばならない。


もしかすると、その人の特性を歌にしてみたら何かレベルアップのヒントが隠れているかもしれないと思い。

笑劇場メンバーのホトトギスを考えてみました。
※ちなみに写真は『戦国武将になったつもりのポーズをとって下さい』とお願いした結果です。



きょうた、恐らく彼なら迷わずこう言うでしょう。
DSC_1119.jpg
『鳴かぬなら、もういいんじゃないですか?ホトトギス

あきらめるんかーい!!


これきよなら、ホトトギスが鳴かなかったら申し訳なさそうにこう言うでしょう。
DSC_1118.jpg
『鳴かぬなら、僕のせいですホトトギス

ネガティブ!!


『人間らしいなぁ』が口癖の、すぐ愛を語る中西マンなら恐らくわかったような顔でこう言うでしょう。
DSC_1120.jpg
『鳴かぬなら、それもまたホトトギス

なんか腹立つ!!


「想像の斜め上を行く。という想像」を裏切らない、たけやまならこう言うでしょう。
DSC_1121.jpg
『鳴かぬなら、あれ?よく見たらハトでした。ホトトギス

・・・・・・・・・・・・・・・・。



結論、戦国時代じゃなくてよかった。
スポンサーサイト
Secret