2014.11.02 尾崎と北島。
以前、『無意識の尾崎』の回で【休みの日は髭をそらないという贅沢】をしているというお話をしました。

髭を剃らなければいけないという事からの解放、自由が好きだと。

そしたら周りから『扇さんはオシャレにしなければならないという事を無視して自由ですよ』と言われた。


僕は無意識のうちに自由を勝ち取っていたのです。

無意識のうちに勝ち取っていた自由…。


当時、この現象を無意識の尾崎と名付けた。


あれから一年。


先日、舞台の無かった3日間、のばしにのばした髭を剃ったらめっちゃ気持ち良かった。

すっげぇスッキリした。

のばしている事が気持ちいいと思っていたのに、それを剃ったらめっちゃスッキリして、予想外の気持ちよさを感じた。


超気持ち良かった。


これを予想外の北島康介と名付けよう。

スポンサーサイト
Secret